カルティエのハート・リング

カルティエハート・ジュエリーに、Cハートのモチーフがあることは、前の記事でご紹介しました。
カルティエハート、Cハートはリング(指輪)のデザインにあしらわれています。
カルティエハート・リングは、その名も「Cハート オブ カルティエ」。
「Cハート オブ カルティエ」は、カルティエのジュエリーの中でもインパクト大!のデザインです。
カルティエのCハートが6つ、ぐるりとつながってハートのリングになっているのです。
「Cハート オブ カルティエ」は、カルティエではおなじみの素材、イエロー・ゴールド、ピンク・ゴールド、ホワイト・ゴールドのトリニティ・カラー。
カルティエハートのリングは、それにプラチナの地金です。
「Cハート オブ カルティエ」にもデザインはいくつかあって、ハート部分に小さなダイヤが敷き詰められたパヴェ・タイプのリングも。
パヴェというのは、フランス語で石畳を意味し、メレダイヤ(小さなダイヤ)などの宝石を石畳のように敷き詰めたジュエリーのデザインをいいます。
カルティエハートのリングには、パヴェがハートのひとつだけに施されているもの、それにすべてのハートにダイヤが敷き詰められている、とっても豪華なものなどがあります。
全部のハートにダイヤがパヴェされているカルティエハート・リングは、オールダイヤと呼ぶみたいです。もう、セレブ一直線です。(笑)
カルティエハート・リングには、逆にパヴェの施されていない、地金だけのシンプルなハートのリングもあります。
それでもカルティエハートが連なったデザイン自体に力がありますので、なかなかの存在感だと思います。
カルティエハート・リング、「Cハート オブ カルティエ」。
その目を見張るハートのデザインを、ぜひ、カルティエの販売店や販売サイトなどで見てみて下さいね。

カルティエ ハート型ペンダント・ダイヤ

カルティエハート
カルティエはジュエリーブランドのテーマとして、「愛」を掲げています。
カルティエのラブ・シリーズなんかはそれを一番よく表していますよね。
カルティエハートのモチーフのジュエリーやアクセサリー、小物の商品もたくさん出しています。
カルティエハートは、やっぱり愛の象徴なのかしら?(^^*)
カルティエハートの商品は色々と出ていますが、一番に挙げるなら「カルティエ ハート型ペンダント ダイヤモンド」。
カルティエハートのペンダントで、Cハートというカルティエの頭文字「C」をイメージした、上の部分が少し隙間があいているハートのペンダントなんです。
カルティエハートのペンダント、Cハートはシリーズとしてラインナップされています。
カルティエハート、Cハートは、ダイヤのあしらわれていない地金だけのシンプルなハートもあるのですが。
カルティエハートのCハートといえば、ダイヤモンドがゴージャスにラインストーンとして使われている、カルティエハート型ペンダントが思い浮かびます。
カルティエハートのペンダントは、地金もイエローゴールド、ホワイトゴールド、ピンクゴールドの、カルティエおなじみの3色のゴールドがハートの形にデザインされています。
カルティエに限らずハートのモチーフのアクセサリーは、数えるのが無理なくらいたくさん出ていますが、カルティエハートはやはり、カルティエ
カルティエハートカルティエらしい、ジュエリーとして深みを感じさせるデザインだと思います。(^^)
カルティエハートの商品については、次以降の記事でもご紹介していきますね。