カルティエのハート・リング

カルティエハート・ジュエリーに、Cハートのモチーフがあることは、前の記事でご紹介しました。
カルティエハート、Cハートはリング(指輪)のデザインにあしらわれています。
カルティエハート・リングは、その名も「Cハート オブ カルティエ」。
「Cハート オブ カルティエ」は、カルティエのジュエリーの中でもインパクト大!のデザインです。
カルティエのCハートが6つ、ぐるりとつながってハートのリングになっているのです。
「Cハート オブ カルティエ」は、カルティエではおなじみの素材、イエロー・ゴールド、ピンク・ゴールド、ホワイト・ゴールドのトリニティ・カラー。
カルティエハートのリングは、それにプラチナの地金です。
「Cハート オブ カルティエ」にもデザインはいくつかあって、ハート部分に小さなダイヤが敷き詰められたパヴェ・タイプのリングも。
パヴェというのは、フランス語で石畳を意味し、メレダイヤ(小さなダイヤ)などの宝石を石畳のように敷き詰めたジュエリーのデザインをいいます。
カルティエハートのリングには、パヴェがハートのひとつだけに施されているもの、それにすべてのハートにダイヤが敷き詰められている、とっても豪華なものなどがあります。
全部のハートにダイヤがパヴェされているカルティエハート・リングは、オールダイヤと呼ぶみたいです。もう、セレブ一直線です。(笑)
カルティエハート・リングには、逆にパヴェの施されていない、地金だけのシンプルなハートのリングもあります。
それでもカルティエハートが連なったデザイン自体に力がありますので、なかなかの存在感だと思います。
カルティエハート・リング、「Cハート オブ カルティエ」。
その目を見張るハートのデザインを、ぜひ、カルティエの販売店や販売サイトなどで見てみて下さいね。